任意継続被保険者制度

2年間の継続加入

この制度は、退職などによって被保険者の資格を失った場合にも、条件を満たせば希望により2年間継続して被保険者となれる制度です。

任意継続被保険者になることができる条件は次の2つです。

  1. 退職日までに継続して2ヵ月以上の被保険者期間がある。
  2. 資格喪失日から20日以内に健康保険組合へ加入手続きを済ませる。
    詳しい説明はこちら

加入申請は資格喪失日から20日以内に健康保険組合に対して行います。加入されますと、新たに保険証が交付されます。保険証の記号・番号が変わっていますので医療機関の受付に新しい保険証の提示を忘れないでください。

保険料は全額自己負担(今までの本人分+会社負担分を加算した額)

イラスト

保険料は、任意継続の資格取得月(会社控除の保険料は1ヵ月遅れで請求しています)から会社負担をあわせた額を徴収します。退職後の収入や被扶養者の有無に関係なく、退職時の標準報酬月額と組合平均を比べて低いほうで算定します。

標準報酬月額の決定方法は、各組合の規約によって異なる場合があります。

また、保険料の納付期限は当月の10日までで、それまでに納付されないときは、翌日から被保険者の資格がなくなります。

任意継続被保険者保険料自動振替払フローチャート

詳しい説明はこちら
任意継続被保険者保険料自動振替払フローチャート

任意継続の脱退理由と国民健康保険との比較

国民健康保険料(税)・介護保険料(税)は、退職の理由、前年1月〜12月の収入、家族構成や保険料率(自治体別に算定)によってまったく違うため、加入期間が1年未満であっても国民健康保険料のほうが安くなる場合があります。

必ず、お住まいの市区町村の国民健康保険の窓口に保険料等をご確認のうえ、任意継続の加入をご検討ください。

保険料等のご確認の際には、確定申告の控えや源泉徴収票を持参すると具体的な金額がわかります。

申請書類はこちら

任意継続資格取得申請書 書類(Excel) 書類(PDF) 記入見本(PDF)
預金口座振替依頼書
自動払込利用申込書
書類(PDF) 記入見本(PDF)
銀行振込依頼書 書類(Excel) 書類(PDF) 記入見本(PDF)

このページのトップへ