海外で医療を受けたとき

イラスト

被保険者・被扶養者が海外へ出張中や旅行中に病気やケガで治療を受けた場合にも、国内にいるときと同様に健康保険の給付の対象になります。

ただし、療養を目的として海外へ行った場合は対象外となります。

支給基準

海外で実際に支払った額と「標準治療額」とを比較し、どちらか低いほうの額から一部負担金相当分を控除した額が海外療養費として支給されます。

一部負担の割合は一般の療養費と同様となります。

標準治療額とは、日本国内の医療機関で治療した場合を標準として決定額になります。

日本国内で保険適用となっていない医療行為は対象外となります。

自然分娩も保険医療対象外ですが、出産育児一時金は支給されます。

申請手続

「療養費支給申請書」に下記1〜3の書類を添付して申請してください。

  1. (海外療養費)診療内容明細書
  2. (海外療養費)領収明細書
  3. (海外療養費)診療内容明細書翻訳文

    診療内容明細書及び領収明細書が外国語で作成されている場合には、翻訳文の添付が義務づけられています。なお、翻訳料が必要な場合には申請者負担となります。

同じ病気やケガでも、国や医療機関によって治療費の請求額が大きく異なります。健康保険の海外療養費は、上記の通り実際に支払った額の健保負担分が支払われるとは限りませんので、必要に応じて民間の海外旅行保険等に加入しておくことが肝要です。

申請書類はこちら

診療内容明細書 書類(Excel) 書類(PDF) 記入見本(PDF)
療養費支給申請書 書類(Excel) 書類(PDF) 記入見本(PDF)
診療内容明細書翻訳文 書類(Excel) 書類(PDF) 記入見本(PDF)
海外療養費 調査に係る同意書 書類(Excel) 書類(PDF)
領収明細書 書類(Excel) 書類(PDF) 記入見本(PDF)

このページのトップへ