健康保険組合のプロフィール

健康保険とは

健康保険とは、業務外での病気・ケガ、出産、死亡などの不測の事態に備える公的な医療保険制度です。日本には地域や職域、年齢などに応じた公的な医療保険制度があります。これらの医療保険制度は、いずれも加入者が支払う保険料を主な財源とし、必要な人が必要なときに必要な医療を受けられるしくみが整えられています。

わたしたちの健保は組合健保

1つまたは2つ以上の会社や工場で、常時700人以上(共同設立の場合は合計で常時3,000人以上)の従業員が働いているところでは、厚生労働大臣の認可を得て、独自の健康保険組合を設立することができます。これを組合管掌健康保険といい、略して「組合健保」といいます。当健康保険組合は、厚生労働大臣の認可を得て設立された組合健保です。

それに対して、全国健康保険協会が運営する健康保険を「協会けんぽ」(全国健康保険協会管掌健康保険)といいます。

健康保険組合と運営

健康保険組合は、企業が単独または同種同業の企業などが集まって設立する公法人です。健康保険法に基づいて設立され、健康保険組合ごとに独自の事業運営を行うことができます。会社(事業所)と従業員(被保険者)が負担する保険料を財源として事業が運営されます。

イラスト

このページのトップへ