乳がん検診利用補助金のご案内

対象者 30歳以上の女性被保険者及び被扶養者(30歳に達する年度から利用できます)
利用回数 年度内(4月〜翌年3月末)に1人1回限りとします。
補助金支給
上限額
5,000円
上限額を超えた金額については、自己負担となります。

補助金請求手続き

  1. 当健保組合の指定及び契約健診機関はございませんので、利用者が直接、乳がん検診を実施する医療機関、健診機関に予約の上、受診してください。
  2. 乳がん検診受診後、窓口にて全額お支払し、領収書をお受け取りください。
  3. 「疾病予防各種健診(検診)補助金請求書(被保険者・被扶養者・任意継続者用)」に必要事項を記入、捺印し、領収書(原本)を添付して、各事業所の健康保険担当者へ提出してください。

「疾病予防各種健診(検診)補助金請求書」の病院等の証明欄に費用の証明を受ければ、領収書の添付の必要はありません。

任意継続者の方は、直接、当健康保険組合あてに郵送等で提出してください。

事業所健保担当者の方へ:事業所で実施し、請求する場合はこちら(事業所担当者ページ)をご確認ください。

提出書類

  1. 疾病予防各種健診(検診)補助金請求書(被保険者・被扶養者・任意継続者用)
  2. 領収書(原本)

    ただし、補助金請求書の病院等の証明欄に証明を受ければ、領収書添付不要です。

    人間ドック・婦人科検診での領収書には、乳がん検診の金額が明記されているものを添付してください。

    乳がん検診の検査結果の送付は不要です。

補助金の支払方法

原則として、毎月10日(休日の場合は翌日)までに健保組合で受付けた補助金請求書は、月末に各事業所へ振込み、「医療費のお知らせ」を送付しますので、支払方法等は、各事業所の健康保険担当者にご確認願います。

ただし、補助金請求書に不備等があれば、補助金の支給が遅れることもありますので、ご了承ください。

任意継続者の方は、月末に健康保険組合に登録された口座へ直接振込み、「医療費のお知らせ」をご自宅あてに送付します。

注意事項

  • 保険診療(保険証を使用しての検査)の場合は、補助金対象外となります。
  • 人間ドックのオプション、及び婦人科検診として、乳がん検診を受診された場合も乳がん検診利用補助金の対象となります。
  • 乳がん検診を受診し、市町村又は会社の福利厚生等の補助を除いた、自己負担額も補助金対象となります。

申請書類はこちら

疾病予防各種健診(検診)補助金請求書 書類(Excel) 書類(PDF) 記入見本(PDF)

このページのトップへ